脳卒中とは

脳は生命を司る、最も重要な臓器です。脳にはたくさんの血管が走っていて、酸素や栄養を供給しています。これらの血管が詰まったり、破れて出血したりして起こる病気を脳卒中といいます。詰まるタイプが脳梗塞。出血するタイプが脳出血です。
 
血管が詰まるタイプの脳梗塞の中には、心臓の中にできた血の固まりが脳に運ばれて血管に詰まる「脳塞栓」と動脈硬化により狭くなった血管に、血の固まりが詰まる「脳血栓」があります。また出血するタイプの脳出血の中にも、脳内の動脈が破れて出血する「脳出血」と、脳の動脈にできたコブが破れてくも膜下腔に出血する「くも膜下出血」があります。
脳卒中とは